Amazonギフト券の買取は利用金額が大きいほど条件が優遇されたり、新規を優遇している業者もあります。

換金率はどうやって決まる?

Amazonギフト券の買取率は同じ業者を使っても利用条件によって異なります。
実質換金率がどうやって決まるのか紹介します。

 

 

店頭表示の買取率と実質換金率が違う理由

 

ギフト券換金率について疑問を持つ男性達

まず、多くの業者でホームページに記載している買取率よりも、購入した代金に対して振込をしていもらえる実質換金率が下がります。
業者は集客力を高める目的で、本当は適用されることのない条件を提示したり、買取率は高いけど別途手数料を徴収して実質換金率を下げるカラクリを用意しています。
業者側のよくある言い分をまとめました。

 

 

  • 今日現在の最高買取レート
  • 保有しているAmazonギフト券の種類が悪い
  • 状態が悪い
  • 事務手数料が発生する
  • 買取単価が低い
  • 最高換金率が適用するには条件がある
  • 3名以上紹介したは最高換金率になる

 

 

大幅に換金率が下がるようなところは、条件を変えて申込をしても良い条件を出してくれません。
店頭表示の条件が同じでも実質換金率は業者ごとで大幅に変わることを覚えておきましょう。

 

 

 

利用者ごとで条件が変わる

 

買取率や換金率が変わる代表事例をご覧ください。

 

  • 新規優遇およびリピーター優遇(利用回数で区分する)
  • 利用金額
  • Amazonギフト券の種類(カードタイプ、Eメールタイプなど)
  • Amazonギフト券の状態(有効期限、カードタイプのすれなど)

 

以前は有効期限が重視されていましたが、現在はAmazonギフト券の有効期限が10年に延長されたので、極端に古いものを除いて大きな影響はありません。
基本的に利用金額が大きいほど条件は優遇されます。
競争の激しい業界なので、新規を優遇しているところもあります。

 

 

 

買取相場および販売相場の影響

 

換金率の動向をチェックしておこう

Amazonギフト券買取業者は、仕入れたAmazonギフト券を転売することで利益を出しています。
自社で直販をしているところもあれば、大量購入をする業販で裁いているところもあります。
買取相場と販売相場は需要と供給のバランスで変動しています。

 

業者の売却する際の条件に応じて買取率も変わっています。
Amazonギフト券買取はクレジットカード現金化目的の利用が増加していて、登場した当初よりも供給が増えたことで買取相場が下がっています。
それでも、Amazon は国内最大のECサイトでギフト券を少しでも安く買おうとする需要が高いため、他の商品券やギフト券に比べて高い買取率を維持しています。

 

販売価格の相場情報をチェックしておけば、現在の市場動向を確認できます。
販売レートが変わっていない中で、買取レートを下げてくる業者は注意しましょう。
頻繁に資金調達が必要になる方は、利用しない時でも定期的にAmazonギフト券の販売価格をチェックしておくと良いでしょう。

 

なお、直販している業者の条件が良くなるとは限らず、在庫回転の良い業販でまとめ売りしている方が高換金率で対応してもらえることもあります。
最終的には業者の経営スキルや利幅についての価値観で決まるので買取専門より直販ショップを持っているところの方が好条件になるとは限りません。