Amazonギフト券買取やクレジットカード現金化業者以外に安全かつ高換金率で現金化する方法はありません。

Amazonギフト券以外の現金化

Amazonギフト券買取が人気になっている要因は、クレジットカード現金化目的の需要が大きいからです。
換金率の高い方法で、メールで売却できる手軽さで人気になっています。
しかし、現金に近いAmazonギフト券をクレジットカードによる高額を繰り返すとクレジットカード会社の規約違反に引っかかるケースがあります。
Amazonギフト券以外の現金化方法についてまとめました。

 

 

現金化専門業者

 

パソコンソフトの入ったCD-ROM

クレジットカード現金化業者は、業者が直接商品を販売し、購入した商品に対して買取やキャッシュバックで現金化する仕組みです。
ショッピング履歴を残すため実際に商品を購入する流れになります。
定番商品はパソコンソフトの入ったCD-ROMで原価は安いけど高額決済しても不自然にならないことがポイントです。

 

商品を購入して配送された実績があると、カード規約違反に引っかかるリスクが少なくなります。
Amazonギフト券買取に比べると換金率は若干低めですが、安全性は専門業者の方が高いです。
単発利用であればAmazonギフト券買取がオススメですが、繰り返し利用するヘビーユーザーは現金化専門業者も検討してください。
Amazonギフト券の買取レートが下がってきているので、実質換金率の差は少なくなってきています。

 

 

カード決済した商品を売る

 

  • 商品券
  • 新幹線の回数券
  • ブランド品
  • 貴金属

 

上記が人気のアイテムです。カード決済で購入して質屋やチケットショップに売却します。
換金率の高い順に並び替えると、新幹線の回数券→商品券→貴金属→ブランド品になります。
新幹線の回数券は昔から現金化の定番アイテムとして活用されていましたが、カード規約違反になるリスクが非常に高いです。

 

商品券はAmazonギフト券買取と仕組みが似ていますが、街中のチケットショップに売ると、カード会社から問い合わせが入った時に守ってくれません。
ここで紹介した方法は、自力での現金化と呼ばれています。
手間がかかる上に換金率はAmazonギフト券買取に比べてそこまで高くありません。さらに安全性も低いのでオススメできない方法です。

 

 

 

友人・知人に対して決済代行する

 

クレジットカード決済を代行する

友人・知人に相談して、カード決済しようとしているものを自分のカードで決済して現金を貰う方法があります。
Amazon、楽天、YAHOO!ショッピングなどの大手ECサイトは決済者と届け出先が同じでなくても構いません。
ポイント還元分などもあるので、若干の割引をしてあげる条件にすると良いでしょう。
金欠や現金化に理解があり、なんでも相談できる信頼関係の強い方に相談する必要があります。

 

カード規約に、自分以外の用途でカード決済してはいけない内容はないので非常に安全性の高い方法です。
ただし、資金調達が必要な時に友人・知人がカード決済で欲しいものを持っているとは限りません。
少額で切羽詰まった状況であれば検討する余地がありますが、頻繁に相談したり高額なものを買わせようと相談すると信頼関係を壊してしまうリスクがあります。

 

 

取り締まりが強化されている現金化

 

メルカリでの現金出品や〇〇Payなどの電子決済サービスの応用など、以前は現金化で活用できる手法が多数ありました。
しかし、現金化目的の利用が多いと問題視されて、メルカリでは現金禁止、〇〇Payはカードチャージできる商品の減少や、カードチャージから送金できるサービスの廃止など規制強化されて選択肢が少なくなっています。
ネット上には古い情報も多く、昔はできた手法でも現在は通用しないものが多数あります。
Amazonギフト券買取やクレジットカード現金化専門業者以外の方法で、安全かつ高換金率で現金化できるものは存在しません。