Amazonギフト券買取は業者選びを慎重に行いましょう。

現金化業者の被害

Amazonギフト券買取サービスが普及した背景には、ショッピング枠現金化業者による詐欺や悪質な運営による被害が相次いだことも関係しています。
Amazonギフト券買取を利用する人の大半はクレジットカードのショッピング枠現金化を目的にしていて、現金化業者に変わるサービスとして注目を集めています。

 

 

3種類の被害事例

 

現金化業者の被害事例は次の3種類があります。

 

  • 振込してもらえない
  • 表示換金率より大幅に低い対応になる
  • カード会社とのトラブルに発展する

 

 

あからさまな詐欺被害は振込してもらえないトラブルです。
キャッシュバック方式の場合、現金ではなく業者独自のポイント付与などと言い訳をされるケースもあります。
なかには決済した途端に音信普通になってしまう場合もあるので注意しましょう。

 

被害事例で多いのは表示換金率より大幅に低い対応になることです。
90%以上の換金率を明記していても、手数料や消費税を差し引く対応で実質換金率は安いところで70%を切ってしまうこともあります。
現金化利用者の大半は切羽詰った状況のため、思っていたよりも安い換金率を提示されても、そのまま利用してしまう傾向が強いです。

 

ショッピング枠を現金化目的で使う行為はカード会社の規約違反になります。
現金化業者は商品を販売して買取かキャッシュバックで現金化することで、うまく規約違反を回避して運営するとともに、安全に現金化するノウハウを持っています。
しかし、ブームに便乗してノウハウのない中で新規参入する業者も多く、業者の未熟さを理由にカードの規約違反になって強制解約や一括弁済を求められるトラブル事例も多数あるのが現状です。

 

 

Amazonギフト券買取も被害はある

現金化業者と同様の被害事例は多数あります。
普及して間もないサービスということもあり、振込してもらえない詐欺被害のリスクは現金化業者より高いです。
利用する買取業者選びは慎重に行いましょう。

 

表示換金率より安くなるケースもありますが、90%以上を明記しているのに70%前後まで落ちてしまうケースは少ないです。
せいぜい5~10%低い換金率で対応してもらえるので、実質換金率の安定性ではAmazonギフト券買取サービスの方が優れていて人気になっている要因です。

 

カード会社とのトラブルリスクはゼロではありませんが、ネット決済が中心の商品ということや、利用者が独自に購入することもあり、現時点ではリスクは低いと判断できます。
ただし、数十万円以上の利用を繰り返すと不自然に見られてしまいます。
100%安全ということではないので、利用金額や頻度の多い場合は注意しましょう。

 

 

詐欺業者を回避することは、現金化業者の方が簡単

 

現金化業者は老舗で2010年以前から運営しています。長年カードトラブルゼロ、高い顧客満足度を維持して運営してきた業者もあり、ネットを中心にした業者の口コミ情報も充実しています。
Amazonギフト券買取業者もネットレビューの多いところはありますが、運営実績が短いので信頼性には欠けます。
もしかしたら、現時点では健全な運営をしていたとしても、規制が入るなど業界動向が悪い方に動けば大手でも逃げられてしまう可能性もあるでしょう。
歴史と実績の面では、現金化業者の方が高く評価できます。